解体工事

スケルトン工事とは?メリット・デメリットについても解説!

突然ですが、皆さんは「スケルトン工事」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?解体工事の一種なのですが、あまり耳馴染みがないかもしれませんね。

そこで本記事では、内装解体工事の一種である「スケルトン工事とはなにか?」について、またそのメリット・デメリットもあわせてご紹介します。

スケルトン工事とは?

冒頭でも少し触れましたが、「スケルトン工事」とは内装解体工事の一種で、オフィスや店舗を店舗オーナーや管理会社に明け渡す際などに行われるものです。「スケルトン仕上げ」や「スケルトン戻し」と呼ばれることもあります。

スケルトン工事は内装解体工事の中でも、その名前「スケルトン(骨組み)」が示すとおり、住宅の基礎部分や柱・梁・外壁・屋根などの骨組み(構造体)以外を、すべて解体する工事を指します。

例えば、鉄筋コンクリート造の場合は、コンクリート打ちっぱなしの状態に戻り、室内の空間だけが残るイメージです。

スケルトン工事のメリット

では、スケルトン工事のメリットにはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

室内の間取り、デザインなどを自由に設計できる

先程も述べたとおり、スケルトン工事では建物の間取りはもちろん、配線や天井なども取り払われるため、まっさらな状態となります。したがって、貸主との契約の範囲内であれば、ご自身の思うままにレイアウトや室内のデザインを設計する事ができます。

建物の耐震性、耐火性などを強化できる

建物が古い場合、耐震性能・耐火性能などに不安を感じることもあるかと思います。スケルトン工事であれば、建物の構造部分にも手を加えることができるため、古い家でもそれらを補強することができます。

設備のトラブルが起こりにくい

スケルトン工事を行うと、室内にはなにも残らない状態になります。新しくオフィスや店舗を開く場合は、新規で購入した設備を使用することができます。居抜き物件など、既存の設備を利用しなければならない場合に比べて、設備トラブルが起こりにくいと考えられます。

スケルトン工事のデメリット

さて、ここからはスケルトン工事のデメリットも見てみましょう。

インフラの工事が必要になる

内装をすべて解体してしまうので、新たにオフィスや店舗を開く際は、配線なども含めインフラ工事が必要となります。そのため、当然費用もかかりますし、工期も長くなる可能性があります。

スケルトン工事のまとめ

今回は、スケルトン工事の概要、またメリット・デメリットについてご紹介しました。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

松一・コーポレーションでは相模原市を中心に、内装解体工事・スケルトン工事・リフォーム全般を請け負っております。内装解体、その他ご相談がありましたら以下、お見積りページよりお問い合わせください。

お見積もり

 

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00