その他

相模原市での確定申告はどうすればいいの?書類の入手から提出までを徹底解説!

「確定申告は複雑で難しいシステム」と思っている人は、たくさんいることでしょう。特に初めて確定申告を行う人にとっては、わからないことだらけですよね。

各自治体ごとに申告する場所や書類の入手先などに決まりがあります。ここでは、相模原市での確定申告の仕方を解説します。

そもそも確定申告って何?どんな人が対象?

確定申告の概要

確定申告とは「所得」にかかる税金(所得税)を、その人が自らが割り出して精算する手続きです。

「所得」とは、収入から必要経費や定められた控除額を差し引いた金額のこと。「もうけ」と考えてよいでしょう。

税法では所得を10種類に分類しています。その内容は次の通りです。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 譲渡所得
  • 山林所得
  • 一時所得
  • 雑所得

決められたルールにしたがって、所得を得た人が自ら申告し納税する」ことが、確定申告というシステムです。

確定申告が必要な人とは?

次の要件に当てはまる人は、確定申告が必要になります。

  1. 給与所得がある人
    ・年間収入金額が2,000万円を超える給与を受け取っている人。
    ・1か所から給与を受け取っていてそのすべてが源泉徴収の対象となり、給与所得や退職所得を除く所得金額の合計額が20万円を超える人。
    ・2か所以上から給与を受け、そのすべてが源泉徴収の対象となる場合、年末調整されなかった給与の収入金額と、給与所得、退職所得を除く所得金額の合計額が20万円を超える人。
    ・同族会社の役員またはその親族で、その会社から給与以外にも貸付金の利子や資産の賃貸料等を受け取っている人。
    ・災害減免法で定められた所得税等の源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人。
    ・日本国内の外国公館に勤めていて、給与に対して所得税等を源泉徴収されないことになっている人。
  2. 公的年金などの雑所得のみの方
    公的年金などの雑所得のみで、その金額から所得控除を差し引くと残額がある人。
    ただし公的年金等の収入金額が400万円以下で、その全部(※)が源泉徴収の対象となる場合、公的年金等に係る雑所得以外の各種の所得金額が20万円以下である場合、確定申告は必要ありません 。
    (※) 所得税法第203条の7の規定の適用を受けるものを除きます。
  3. 退職所得がある人
    外国企業から退職金を受け取ったケースなど、源泉徴収されないものがある人。
    ただし退職金などを支払った側に「退職所得の受給に関する申告書」を提出していれば、通例退職所得に係る所得税等は源泉徴収されることになります。この場合は退職所得を申告する必要はありません。
  4.  1~3以外のケース
    所得金額の合計から所得控除を差し引いた金額から割り出した税額から配当控除額を差し引いた時に残額のある人。

相模原市の確定申告の流れ

書類をはじめ必要なものを確認

確定申告に必要なものは次の通りです。

  • 収入や源泉徴収金額がわかる書類
  • 控除金額がわかる書類
  • 個人番号(マイナンバー)確認書類と身元確認書類

確定申告書の作成

確定申告の作成方法は、国税庁ホームページ内の「確定申告書等作成コーナー」に詳しく記載されています。数字を記入するだけで自動計算され、確定申告書を簡単に作成できるのでおすすめです。

また税務署で必要書類を入手し、自分で記入する方法もあります。

確定申告書の提出

国税庁ホームページ内の「確定申告書等作成コーナー」で作成した確定申告書を提出するには下記の2つの方法があります。

  1. 作成した確定申告書は印刷して郵送する
  2. e-Taxにて電子申告する

相模原市の所得税の納付

所得税の納付方法には次のようなものがあります。

  1. 振替納税を利用する
    振替納税とは納税者本人名義の預貯金口座からの引き落としにより税金を納める方法です。事前に税務署か金融機関への専用の依頼書の提出、またはe-Taxにより依頼書を提出する必要があります
  2.  e-Taxで納付する。
    インターネットを利用して納付する方法です。
  3.  クレジットカードで納付する
    インターネットの専用Web 画面からクレジットカードで納付できます。
  4. コンビニで納付する。
    納付に必要な情報をQRコードにして、コンビ二エンスストアで納付できます。
    QRコードの作成はQRコード作成専用画面から行います。
  5. 現金で納付する
    現金で納付することも可能です。金融機関または所轄の税務署の窓口にて、納付書と現金納めます。納付書は税務署か所轄管内の金融機関に用意されています。

相模原市の確定申告の方法は?いつ・どこで・どのように?

相模原市の確定申告の期限

毎年1月1日から12月31日までに得られた所得について、翌年2月16日から3月15日の間に確定申告を行うと定められています。

期限内に確定申告をせずに期限後に申告した場合、本来納める税金と別に、無申告加算税が課されます。

ただし例外もあるので、詳細は国税庁のホームページで確認してください。

相模原市で確定申告を行う場所

相模原市の確定申告のメイン会場は下記の場所です。

  • 相模原税務署 相模原市中央区富士見6-4-14

2月16日~3月15日の期間中は、税務署以外にも市内各所に特設会場を設けられます。

  • 県高相合同庁舎(4階 特設会場) 南区相模大野6-3-1
  • 城山総合事務所(第1別館2階 B会議室) 緑区久保沢1‐3‐1
  • 津久井総合事務所(3階 第1会議室) 緑区中野633
  • 青根出張所(2階 会議室) 緑区青根1372-1
  • 青野原出張所(会議室) 緑区青野原1250-1
  • 鳥屋地域センター(1階) 緑区鳥屋1064
  • 相模湖総合事務所(1階 A・B会議室) 緑区与瀬896
  • 藤野総合事務所(4階 大会議室) 緑区小渕2000
  • 緑区合同庁舎(5階 5-1会議室)緑区西橋本5-3-21

確定申告書類の入手と提出

確定申告の書類は税務署や確定申告会場のほか、相模原市の担当窓口でも受け取れます。受付時間などにご注意ください。

また国税庁ホームページ「確定申告特集」でも、確定申告書類を掲載しています。プリントアウトしてご利用ください。

作成した書類は相模原税務署(相模原市中央区富士見6-4-14)へ提出します。
提出方法は次の2つが挙げられます。

  1.  郵便または信書便で送付する
  2. 税務署の受付に提出する

パソコン・スマホからの確定申告が便利

確定申告には税務署等で受け取った紙の書類に記入して提出するほかに、自宅でパソコン・スマホを利用して行う方法があります。自宅からパソコン・スマホを利用すれば、会場へ足を運ぶ手間が省けてとても便利です。

最初は大変そうでも、一度行えば慣れるもの。毎年の確定申告を手早く便利に済ませるためにも、ぜひ利用したいですね。

まとめ

確定申告の期間は2月16日から3月15日ですが、このときになって慌てなくて済むよう、事前に準備をしておくのがおすすめです。

混み合うことのない早い時期に税務署を訪れ、確定申告に関する不明点をクリアにしておきましょう。

税務署ではパソコンやスマホの使用方法についても教えてくれます。こちらも確定申告の時期になる前に質問するなどしてマスターしておきたいですね。

参考記事一覧

国税庁ホームページ

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00