その他

相模原市にあるキャンプ場10選!ソロからご家族まで楽しめるキャンプ場をご紹介します

今回は相模原市にあるキャンプ場をご紹介します。

近年、キャンプブームが到来し、キャンプをする人が増えてきました。メディアでもよく取り上げられていますね。

今回は、相模原市にあるキャンプ場を10件ピックアップしましたので、キャンプ場選びの参考にしてください。

相模原市にあるキャンプ場10選

相模原市にはさまざまなキャンプ場があります。

「誰と過ごすのか」「どのように過ごしたいか」を事前にイメージしながらキャンプ場を選びましょう。「思っていたところと違った…」などのミスマッチを防ぐことができます。

ぜひ、ご自身のイメージに合うキャンプ場を探してみてください。

相模原市のキャンプ場① 高瀬野キャンプ場

高瀬野キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:4月から10月
  • キャンプ場の規模:テントサイト「8」
  • バンガロー、コテージの有無:無し
  • 予約方法:電話受付・当日現地にて(※予約優先)
  • 予約受付時間:8:00から17:00

道志川沿いにある自然豊かなキャンプ場。

キャンプ場の規模は決して大きくないですが、大自然に囲まれ渓流釣りや川遊びを満喫することができます。

サイト数が8ということもあり、多くの人で溢れる賑やかなキャンプ場よりも、落ち着いてキャンプをしたい方にはピッタリのキャンプ場です。

相模原市のキャンプ場② 上大島キャンプ場

上大島キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:3月から10月、11月の土曜・日曜・祝日(冬季は閉鎖)
  • キャンプ場の規模:フリーサイト
  • バンガロー、コテージの有無:無し
  • 予約方法:電話受付(事前予約は必須)
  • 予約受付時間:9:00から17:00
  • 公式HP:http://www.oshima-sagami.com/

上大島キャンプ場は、相模川の河川敷に位置する市営キャンプ場。

約3万㎡と広く、春はお花見、夏は鮎釣りなど、季節ごとに楽しめるところも、上大島キャンプ場の魅力です。キャンプ場の近くには、相模川自然の村公園があり、夏の暑い日には水遊びをして楽しむ子どもたちの光景も。

大人から子どもまで楽しめる、おすすめのキャンプ場です。

相模原市のキャンプ場③ 望地弁天キャンプ場

望地弁天キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:3月から10月、11月は土曜・日曜・祝日(冬季は閉鎖)
  • キャンプ場の規模:テントサイト「30」
  • バンガロー、コテージの有無:無し
  • 予約方法:電話受付
  • 予約受付時間:9:00から17:00

相模川沿いにある望地弁天キャンプ場。

規模として30サイトとややこじんまりとしたキャンプ場ですが、隣の方との距離を取れるので、ゆったりとバーベキューやキャンプをしたい方にはおすすめです。

キャンプ場の周りは田畑が多いので、静かにゆったりと過ごすことができるのも魅力。ご家族やご友人と楽しいひとときをお過ごしください。

相模原市のキャンプ場④ 新戸キャンプ場

新戸キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:通年営業(※年末年始は休業)、バンガローは3月から11月
  • キャンプ場の規模:テントサイト「85」、バンガロー「16棟」
  • バンガロー、コテージの有無:有り
  • 予約方法:電話受付、現地受付(バンガローは要予約)
  • 予約受付時間:8:30から17:30
  • 公式HP:https://shindocamp.com/

四季折々の景観を満喫し、年中キャンプを楽しめる新戸キャンプ場。

標高180mに位置しており、気温は平地とほとんど変わらないため、冬でもキャンプを楽しめます。近くには道志川が流れており、釣りもできますが、施設内にレンタルの釣り竿はありませんので、事前に準備が必要です。

季節ごとに訪れて、違った雰囲気のキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

相模原市のキャンプ場⑤ 青野原 野呂ロッジキャンプ場

青野原 野呂ロッジキャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:通年営業
  • キャンプ場の規模:テントサイト「40」、バンガロー「4棟」
  • バンガロー、コテージの有無:有り
  • 予約方法:電話受付
  • 予約受付時間:9:00から18:00

大自然と遊びを満喫できる青野原 野呂ロッジキャンプ場。

道志川にあるキャンプ場で、大きな滝や飛び込み岩、吊り橋など楽しめるスポットが盛りだくさんです。テントやバンガロー、日帰りキャンプ、ソロキャンプなど様々な形態で楽しめるのもポイント。

都心からも近い場所にありますので、日々の喧騒を忘れて、大自然を満喫してみてください。

相模原市のキャンプ場⑥ 音久和キャンプ場

音久和キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:4月から12月(冬季は閉鎖)
  • キャンプ場の規模:フリーサイト「約35」
  • バンガロー、コテージの有無:無し
  • 予約方法:電話受付
  • 予約受付時間:8:00から21:00

目の前に道志川が流れている音久和キャンプ場。

とても澄み切った綺麗な水質なため、魚も泳いでいます。そして、釣った魚をそのまま焼いて食べられるのも魅力のひとつ。

キャンプ場内には手洗い場やトイレなど必要最低限のものだけが揃っており、本当に自然の中でキャンプだけを満喫したい方にはおすすめのスポットです。

相模原市のキャンプ場⑦ 此の間沢渓流園

此の間沢渓流園

※画像はイメージです。

  • 営業時間:3月から11月(冬季は閉鎖)
  • キャンプ場の規模:テントサイト「20」、バンガロー「5棟」、ロッジ「1棟」
  • バンガロー、コテージの有無:有り
  • 予約方法:電話受付
  • 予約受付時間:9:00から16:00

道志川の清流である此の間沢に面した此の間沢渓流園。

道志川の本流に位置しているキャンプ場に比べ、たくさんの自然に囲まれたキャンプ場です。宿泊はテントサイトの他に、バンガローやロッジもあるため、少人数から大人数までさまざまな方が楽しめます。

釣りやマスの掴み取りもでき、釣り好きな方にとっては、最高のスポットではないでしょうか。

相模原市のキャンプ場⑧ このまさわキャンプ場

このまさわキャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:4月から11月
  • キャンプ場の規模:テントサイト「50」、バンガロー「40棟」
  • バンガロー、コテージの有無:
  • 予約方法:電話受付
  • 予約受付時間:8:00から19:00
  • 公式HP:https://konomasawacamp.co.jp/

家族連れから林間学校まで子どもが多い、このまさわキャンプ場。

キャンプ場の脇にはすぐ道志川が流れており、夏場はたくさんの子どもが水遊びを満喫しています。ファミリーの利用も多いことから、夜は少し早めに静寂が訪れます。

そのせいか川のせせらぎや夜空など、賑やかなキャンプ上では味わえないような自然の「音」を体感できるのも魅力。ぜひ、一度訪れてみてください。

相模原市のキャンプ場⑨ 緑の休暇村 青根キャンプ場

緑の休暇村 青根キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:通年営業(※年末年始は休業)
  • キャンプ場の規模:テントサイト「約100」、バンガロー「55棟」
  • バンガロー、コテージの有無:有り
  • 予約方法:電話受付
  • 予約受付時間:8:00から17:00
  • 公式HP:http://aonecamp.jp/

大自然に囲まれ、大人から子どもまで楽しめる緑の休暇村 青根キャンプ場。

バンガローの種類や数が多いのが特徴的で、気軽に宿泊できます。また、オートキャンプをする際はテント横に車を着けることもできるので、荷物の運搬もラクラク。

大自然の中でBBQや釣り、手持ち花火などを楽しめるので、ご家族でキャンプを満喫してください。

相模原市のキャンプ場⑩ 神之川キャンプ場

神之川キャンプ場

※画像はイメージです。

  • 営業時間:通年営業
  • キャンプ場の規模:テントサイト「115」、バンガロー「37棟」
  • バンガロー、コテージの有無:有り
  • 予約方法:電話受付、FAX、お問い合わせフォーム
  • 予約受付時間:9:00から17:00
  • 公式HP:https://kannogawa.jp/

ニジマスやイワナなどの釣り場がある神之川キャンプ場。

自然豊かなキャンプ場で釣りや水遊びなど自然を満喫しながら、非日常的な時間を過ごすことができます。宿泊はテントサイトとバンガローがあり、お好みのスタイルを選ぶことができるのもポイント。

高床式のバンガローだと、バンガローの下でBBQを楽しむことができますね。

キャンプ場選びに失敗しないよう事前にチェック!

相模原市にあるキャンプ場をご紹介しましたが、気になるキャンプ場は見つかりましたでしょうか?

キャンプ場によって、雰囲気や訪れるひとの層などが異なります。キャンプ場選びに失敗しないよう、気になるキャンプ場はぜひ調べてみてください。

日常を忘れ、大自然の中で心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

参考記事一覧

相模原の観光サイト いい~さがみはら

観光かながわNOW

相模川自然の村公園

相模原市ホームページ

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00