解体工事

【内装解体工事】お見積り時に注意すべき点とは?

初めて内装解体工事を依頼する際、解体業者にお問い合わせの後、見積もりを依頼することになるかと思います。そこで今回は、お見積りを依頼する際に注意すべきポイントについて解説したいと思います。

内装解体見積もり時に注意すべき点

ではさっそく見ていきましょう。

どの範囲まで、どんな工事を行うのかを確認する

見積もりを依頼する際に、まず確認しておくべきなのは、「どの範囲までどんな工事を行うのか?」ということです。なお、内装解体工事には、大きく分けて次の2種類があります。

  • 原状回復工事
  • スケルトン工事

原状回復工事とは、オフィスや店舗をオーナーなどに明け渡す際、入居時の状態にもどす工事のことを言います。一方でスケルトン工事とは、スケルトン(構造体)部分以外すべてを解体撤去する工事です。

見積もりを依頼する際には、入居時の契約内容をよく確認して、どのような工事をどの範囲まで行うのか予め把握しておきましょう。

複数業者に見積もりを依頼する

次に注意すべき点として、複数業者に相見積もりを取るということです。数ある内装解体業者さんの中には、不当に高い値段を提示してきたり、逆に安すぎる見積もりを出してくる場合があります。

高い見積もりについては言うまでもありませんが、あまりに安すぎる場合にも注意が必要です。解体が雑に行われる可能性があるからです。

したがって、内装解体の見積もりを取る際は最低、3社程度依頼するのが理想です。しっかりと見積もりを比較することで、よりよい内装解体業者さんを見極めましょう。

見積もり入手はお早めに

見積もりを取る時期に関してですが、遅くとも1ヶ月以上前には見積もりを取ることをおすすめします。

というのも、内装解体業者さんは1ヶ月前後予定工事が埋まっている場合が多いからです。直前になって焦らなくていいように、早め早めの準備を心がけましょう。

内装解体見積もり時に注意すべき点まとめ

というわけで今回は、内装解体見積もりを取る際に注意すべき事項について解説しました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

松一・コーポレーションでは相模原市を中心に、内装解体工事・スケルトン工事・リフォーム全般を請け負っております。内装解体、その他ご相談がありましたら以下、お見積りページよりお問い合わせください。

お見積もり

 

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00