解体工事

内装解体工事とは?原状回復工事・スケルトン工事との違いについても解説

皆さんは、「内装解体工事」と聞いてどんな工事をイメージされるでしょうか?なんとなくは分かるけど、どのような工事なのか、詳しくはご存知ない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、聞いたことはあるけど実はよく知らない「内装解体工事」について、原状回復工事・スケルトン工事との違いも含めて解説いたします。

内装解体工事の概要

ではさっそく、「内装解体工事」とはどのようなものを指すのでしょうか?

「内装解体工事」とは、店舗やオフィスの内装部分、あるいは建物の一部のみを解体した上で運搬処分する工事のことをいいます。

多くの場合、契約満了や閉店などの理由により、オフィスや店舗をビルあるいは店舗オーナー、管理会社などに引き渡す際に行われるものです。

そしてこの内装解体には、大きく分けて以下の2つの種類があります。

  • スケルトン工事
  • 原状回復工事

スケルトン工事

スケルトン工事とは、建物の構造体以外をすべて解体する工事のことで、壁・天井・配管・配線・間仕切りなどすべての内装設備を解体し、入居時の状態に戻すことを言います。

室内の空間だけが残るイメージです。例えば、鉄筋コンクリート造の場合は、コンクリート打ちっぱなしの状態に戻されます。

原状回復工事

一方で原状回復工事とは、借主がオフィスや店舗を明け渡す際に、それらの物件を借りたときの状態に戻す工事です。

したがって、借りたときにすでに間仕切りや天井などが整備された状態であれば、それらは撤去せず、あくまで元の状態に戻すことになります。

またオフィスや店舗を借りた時の状態がすでにスケルトン状態(構造体のみ)であった際は、明け渡し時もスケルトンの状態で返却することになります。

内装解体工事の概要まとめ

本記事では、内装会遺体工事の概要とスケルトン工事、原状回復工事の違いについて解説いたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

なお、松一・コーポレーションでは相模原市を中心に、内装解体工事・スケルトン工事・リフォーム全般を請け負っております。内装解体、その他ご相談がありましたら以下、お見積りページよりお問い合わせください。

お見積もり

 

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00