その他

相模原市ふるさと納税でおすすめの返礼品3種類!申し込み方法から控除申請まで解説

近年ふるさと納税が普及し、各地域でふるさと納税を利用した地域活性化が行われています。寄付する側と寄付してもらう側の双方にメリットがあるふるさと納税。いまいち制度の内容がわからない方も多いのではないでしょうか。本記事では、ふるさと納税とはどんな制度なのかという基本的なところから、相模原市で人気のある返礼品をご紹介していきます。

ふるさと納税とは

ふるさと納税02

ふるさと納税とは、都道府県や市町村へ行う「寄付」のことを指しています。
通常の寄付とは異なり自己負担額の2000円を超える部分に関して、所得税と住民税から原則全額控除の対象となります。もちろん所得や家族構成によって控除額や上限額が異なりますので、ご自身の状況に合わせて算出する、もしくは自治体に確認する必要があります。
寄付をしたお礼として、各地域が返礼品として定めているお礼の品を受け取ることが可能。自分の控除額を知ることで、実質2000円の負担だけで、お得にお目当てのもを手に入れることができるでしょう。

相模原市では寄付金が何に使われているの?

相模原市では、ふるさと納税等で集まった寄付金を地域活性事業に活用しています。地域活性事業とは、福祉や子育て支援、教育、文化・スポーツ振興、防災対策などさまざま。市民にとってより住みやすい市にするために使われたり、産業をより活性化し相模原市の魅力を高めるために使われております。

相模原市には返礼品のあり・なし2つのコースがある

ふるさと納税03

相模原市のふるさと納税には2つのコースが用意されています。どちらも相模原市の活性化を促進する事業に活用されますので、ご自身の寄付に対する考えでどちらのコースにするかを選びましょう。

返礼品のあるコース

返礼品のあるコースでは、ふるさと納税の寄附金額に合わせて相模原市ゆかりの特産品をご用意しています。返礼品で用意されているものはどれも地域の魅力が詰まったもの。
相模原市に寄付をしたいけど欲しい特産品があるという方は、こちらのコースを選ぶと良いでしょう。

返礼品のないコース

特に返礼品は必要なく、相模原市に寄付をしたいというお気持ちのある方向けに、返礼品のないコースが準備されています。返礼品のあるコースでは、寄付金の使用用途まで指定することができませんでした。一方こちらのコースでは、寄付金の使用用途を12種類の事業から選択可能。
相模原市のこの事業を活性化させたいという気持ちがある方は、地域活性事業を選択して寄付をしましょう。

相模原市でふるさと納税を申し込む方法

ふるさと納税04

相模原市でふるさと納税を申し込む際、方法は大きく2種類あります。1つはインターネットから申し込む方法。もう1つはインターネット以外から申し込む方法です。それぞれ解説します。

インターネットから申し込む

インターネットから申し込む際は、「楽天ふるさと納税」「ふるさとチョイス」「ヤフーふるさと納税」の3つのサイトから申し込みができます。実際に各サイトを訪れてもらうとわかりますが、オンラインショップをする流れで寄付が可能。自分の控除額上限の目安もサイト内で確認できたりと、便利な機能が揃っています。
オンラインショッピングをすることに抵抗のない方は、ぜひインターネットから申し込んでみてはいかがでしょうか。

インターネット以外から申し込む

インターネット以外から申し込む方法として、相模原市財政課にある「寄付申出書」で申し込みができます。寄付申出書に記入後は、財政課に郵送、メール、持参のいずれかで提出。受付完了後に納付書を受け取れます。
「寄付申出書」自体を郵送で送って欲しい場合は、財政課に連絡することで、「寄付申出書・返礼品カタログ・納入通知書」を自宅に郵送してもらえますので、活用しても良いでしょう。

相模原市で人気の返礼品3選

ふるさと納税05

特に注目を集めているものから特産品として有名なものまで、相模原市で返礼品として用意しているものを3つご紹介します。これらの他にもたくさん返礼品が用意されていますので、気になる方は「楽天ふるさと納税」など返礼品が集まっているサイトをご確認ください。

東プレ キーボード

現在、注目をあつめているのが東プレのキーボード「RealForce」。東プレの製造拠点が相模原市にあることから返礼品として用意されました。人気の理由は、心地よいタイピングの打鍵感。さらに、静電容量無接点スイッチを採用しているため、長時間のタイピングでも指が疲れません。大量かつ正確なタイピングが求められる企業や個人の方から絶大な支持を得ている商品なのです。また、耐久性が高いのも魅力の一つです。

高座豚

相模原市で飼育されている高級ブランド豚の「高座豚」。高座豚自体は高級豚のためお値段は高いです。しかし返礼品として用意されているものは、高座豚の魅力や美味しさを多くの方に知ってもらいたいという想いから、ソーセージなど加工して手に取りやすくなっています。この機会に、高座豚を堪能してみてはいかがでしょうか。

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストチケット

子どもから大人まで楽しむことができる「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」。遊園地やキャンプ、バーベキュー、アスレチックエリアなどアクティビティが満載です。遊園地やアスレチックでアクティブに遊びたい方から、キャンプやバーベキューをして自然を感じながらゆっくりと過ごしたい方まで、ご希望に合わせて楽しむことができます。家族や友人、夫婦、カップルなどどの方にもおすすめの施設です。

寄付金控除を受ける方法

相模原市のふるさと納税のコースや返礼品について紹介しました。
どうやって寄付金控除を受けるの?と疑問に持たれる方もいると思います。そんな方に向けて、寄付金控除を受ける方法をご紹介します。
寄付金控除を受けるためには、原則「確定申告」を行う必要があります。給与所得者に関しては、会社が基本的に年末調整や確定申告を行ってくれていますので、ワンストップ特例という制度を利用すると簡単に申請ができます。
個人事業主やフリーランスの方は、毎年確定申告をされていると思いますので、「寄付金控除」という項目に実際に寄付した金額を入力するだけです。自動的にご自身の所得や家族構成に合わせて控除額が決まり、所得税や住民税から控除されます。

ワンストップ特例とは?

ワンストップ特例とは、確定申告をする必要がない方でも簡単にふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。対象となる方は、確定申告をする必要がない給与所得者且つ、ふるさと納税を行ったのが1年間で5自治体までの方というルールがあります。この基準さえクリアしていれば、誰でもワンストップ特例を利用することができます。
ワンストップ特例で申請をする場合は、ワンストップ特例の申請用紙が必要。必要事項を記入し、本人確認書類などを添付して各自治体に送ることで申請完了です。
控除対象は当年の所得税と翌年6月以降に収める住民税。所得税は指定したご自身の銀行口座に控除分が振り込みされ、住民税は実際に納める税額から軽減されます。

相模原市で用意されているふるさと納税の返礼品は魅力たっぷり

ふるさと納税06

ふるさと納税とは?という基本的なことから仕組みや制度、そして相模原市の返礼品をご紹介しました。
相模原市では魅力が詰まった返礼品が数多く用意されています。その返礼品を実際に使って周りの方に広めることで、さらに相模原市が活性化することに繋がります。相模原市のふるさと納税制度を活用して、産業振興や地域活性のお手伝いをしてみませんか。

 

■参考記事

相模原市財政部

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00