お知らせ

空き家の処分に困っているなら必見!処分方法から処分すべき理由まで解説します

以前から空き家について何度か解説してきました。空き家を処分せずに放置しておくことはデメリットばかり。
処分する方法を知っておくことで、適切な判断を下すことができるようになります。空き家の処分方法から処分すべき理由、そして誰に相談すべきかを解説しますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

空き家を処分する3つの方法

空き家処分02

空き家を処分する方法は、売却・寄付・活用の大きく3つの方法があります。
それぞれに特徴やメリット・デメリットがありますので、ご自身の状況にあわせて選ぶことが大切。それぞれ順に解説していきます。

売却する(3つのパターン)

まず1つ目は「売却する」という方法。
売却することで維持管理費や税金など毎月、毎年発生する費用がなくなります。今後活用するつもりがないのであれば、建物が老朽化する前にできる限り早く売却がおすすめ。
売却方法も3種類ありますので、順に解説します。

そのまま売却

 

建物がそのまま売却できる状態であれば、そのまま売却する方法がベストです。古い建物で築年数が多いと値段がつかないことも。
値段がつくということは、それだけ価値のある建物ですので、そのまま売却することを検討しましょう。

リフォームして売却

 

建物の老朽化が進みそのままでは売れない場合は、リフォームして売却する方法があります。リフォームすることで新築のような内観となり、買い手がつくことも。
ただし、リフォームしても買い手がつかないリスクもありますので、家族や業者などとしっかりと話をした上で進める必要があります。

更地にして売却

 

更地にして売却することで、土地を求めている人から購入のお問い合わせが来るかもしれません。しかし更地にするためには、解体費や解体したものを廃棄する費用などでかなり高額になることが予想できます。こちらもリフォームと同様に買い手がつかないリスクがあります。土地の管理費や税金がかかることになりますので、事前に他の方法と比較・検討する方が良いでしょう。

 

寄付をする

自治体によっては、寄付を受け付けているところもあります。
ただし全ての空き家を寄付として受け入れることはできません。自治体が所有することで維持管理費がかかるため、無駄な税金の使用に繋がるためです。このことから寄付に頼ることはあまりしない方が良いでしょう。

有効活用する

最後の方法は、賃貸や店舗として有効活用する方法です。賃貸として貸せる状態であれば、毎月の家賃収入を見込めるので非常におすすめ。また、店舗として再利用する方法も良いでしょう。住宅をそのまま店舗として利用することは難しいですが、リノベーションなど内装をキレイにすることで十分に活用できます。
しっかりと調査をして、計画を立てながら進めていくことで失敗を防げるでしょう。

空き家を処分すべき5つの理由

空き家処分03

空き家を放置することで所有者はさまざまな不利益を被ることになります。しかし早くから事前に情報を集めて対処することで、大きな問題に発展することはありません。
空き家を処分すべき理由を5つご紹介しますので、しっかりと理解した上で判断するようにしましょう。

管理費用が発生する

建物を所有することで管理・維持費用が発生します。どのように管理をするかによって異なりますが、管理会社に依頼すると指定の管理費がかかります。
所有しているだけで毎年収めなければならない固定資産税も。このように維持・管理費だけでも相当な負担になりますので、早めに処分する方が良いでしょう。

特定空き家に認定されると固定資産税が跳ね上がる

空き家を放置し続けることで、最終的に「特定空き家」に認定されます。特定空き家に認定されてしまうと、固定資産税の軽減措置の対象外になり、固定資産税が6倍に。軽減措置が適用されている状態でも大きな負担ですので、6倍になればさらに負担が大きくなるのは言うまでもありません。
空き家を処分するまでの間もしっかりと管理をし、特定空き家に認定されないようにしましょう。

近隣トラブルに繋がる

空き家を放置しておくと、老朽化が進んだ建屋の一部が近隣住民の敷地へ飛んでいくことも。清掃がされていない状態だと不法投棄や害虫の発生原因となり、トラブルに繋がります。近隣住民に被害が及ばないように最低限の管理はしましょう。

放火や空き巣など犯罪の温床になる

空き家と周知されてしまうと、放火の危険性が高まります。また、薬物の取引場所など犯罪グループの隠れ場所になり得ます。自分たちの知らないところで犯罪の片棒を担ぐことにならないよう、空き家は適切に管理しなければなりません。

行政代執行により強制撤去されると所有者に撤去費用が請求される

空き家を放置し特定空き家に認定されると、行政から段階的に措置・命令があります。それらを無視して改善しない場合は、最終的に「行政代執行」という措置が強制的に取られることも。行政代執行が行使されると、強制的に建物の解体・撤去作業が始まります。そして、これらの費用は全て所有者に請求されることになります。行政が業者を選定するので業者比較は行われず、割高になるケースもありますので、行政から改善命令が出た際は、すぐに対応するようにしましょう。

空き家の処分について相談するなら不動産会社がおすすめ

空き家処分04

空き家の処分方法から処分すべき理由をご紹介しましたが、「どこに相談すれば良いかわからない…」という方もいらっしゃるでしょう。まずは不動産会社に相談することをおすすめします。不動産会社は建物のことから土地のことまで知り尽くしたプロ集団。あなたの知らない情報やインターネットでは調べられない裏の情報も知っているでしょう。
業界に精通した不動産会社に相談することで、現在の建物の価値や処分方法などのアドバイスをしてもらえます。
まずは基本的な知識や方向性を決めるためにも、不動産会社に相談するのがおすすめです。

空き家の処分は慎重に、そして早めに

空き家処分05

空き家の処分、考えなければならないことがたくさんあります。そのため、何をどのように始めたら良いのかわからない方も多いでしょう。まずは可能な限りインターネットで調べ、その上で不動産会社に相談することでより良いアドバイスをもらえることも。
自分の中で判断軸を早めに作り、そして慎重に進めていくことで失敗なく空き家を処分できるのではないでしょうか。

 

■参考URL

ホームセレクト

すまいステップ

みんなの遺品整理

 

空き家の処分方法|放置するリスクや節税方法と注意点について解説

 

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00