その他

空き家の活用アイデアを紹介!持ち主にも環境にも優しい利用法はこれ!

日本全国で空き家が年々増え続けています。空き家を放置しておくとさまざまな問題が生じる可能性があるので対策が必要です。
相模原市でも空き家問題に取り組んでいて、独自の活用アイデアを提唱しています。ここでは空き家の活用アイデアと相模原市の取り組みを紹介します。

日本の空き家の現状

総務省統計局の発表によると、2018年時点で日本にある空き家の数は849万戸です。これは全住宅のうち13.6%にあたり、なんと7軒に1軒は空き家ということになります。
ここでは空き家が増える原因と空き家を放置することで生じるデメリットについて解説します。

空き家が増える原因は?

 

少子高齢化

 

少子高齢化により日本の人口が減少し続けています。住宅の総数が総世帯数を上回っていて、年々その差が大きくなっていることが空き家が増える原因となっています。

 

固定資産税対策

 

家を取り壊して更地にすると支払わなければならない固定資産税が増えてしまいます。所有する土地に家が建っている場合は、そうでない場合に比べて固定資産税は6分の1となります。そこで「節税のために家は残しておく」というケースが多く見られるのです。

空き家を放置することのデメリット

空き家を放置することで生じるデメリットとはどのようなものでしょうか?ここでは4つのケースを紹介します。

 

建物の老朽化

 

特に木材家屋の場合は空気が入れ換わらない状態で放置されると老朽化が進んでしまいます。木材が腐ることもあり、いずれは朽ち果ててしまいます。

 

倒壊の恐れ・犯罪の誘発など

 

放置され老朽化が進んだ空き家の中には倒壊の恐れがあるものも見られます。
地震や台風などの自然災害により倒壊する危険性もあり、周辺住民にとって非常にリスクが高いと言わざるを得ません。
また放火犯が標的にするなど、犯罪を誘発することにもなりかねません。

 

資産価値の低下

 

空き家の存在はその地区の資産価値を下げると言われています。景観が悪いだけでなく、中がどうなっているのかわからないことから恐怖を感じる人もいるでしょう。
悪い印象があるというだけで、その家だけでなく周囲の家々の資産価値にも悪影響を及ぼします。

空き家活用アイデア

ここまでの解説でおわかりの通り、空き家を放置すると所有者だけでなく周囲の人々にも損害を与えかねません。では誰も住まなくなった家はどうすればよいのでしょうか?
ここでは空き家活用アイデアを紹介します。

活用アイデア・借家として人に貸す

建物自体がきれいで比較的便利な場所にあれば、賃貸物件としての活用も十分検討に値するでしょう。
築年数が長く老朽化している建物でも、リフォームすれば借家としての価値を高められます。その際に得られる家賃収入をシュミレーションして、リフォームにどれくらいの金額をかければ良いかなどをしっかり検討するようにしたいですね。
空き家を放置した場合は固定資産税を払い続けることになるので、ぜひとも家賃収入につながる対策を立てたいものです。

活用アイデア・売却する

賃貸物件として人に貸す場合、借主の家賃滞納などのトラブルが生じる可能性もあります。そんなリスクや面倒を避ける方法として、土地と建物をそのまま売却してしまうことも選択肢の1つになるでしょう。
基本的には不動産会社に物件を売却することになりますが、近年ではインターネットから数社の不動産会社に同時に査定を依頼できるようになっています。手軽に複数の業者の見積もりが取れるシステムをぜひ活用してみましょう。

活用アイデア・建物を解体して土地を貸し出す

建物が老朽化していてリフォームすれば新築と同程度の費用がかかる……そんなケースでは家を解体し更地にして活用するのがおすすめです。
需要があればそのまま駐車場として人に貸すのも良いでしょう。
他にもアパートを建てて経営する、コンビニを運営している会社に貸すなどの方法があります。

空き家問題へ取り組み・相模原市のケース

相模原市でも増え続ける空き家の問題に取り組んでいます。ここでは相模原市が行っている対策を紹介します。

空き家問題の相談窓口

 

空き家の所有者が相談できる窓口

 

空き家の所有者または管理者が相談できる窓口は、相模原市の「建築・住まい政策課」です。

  • 建築・住まい政策課(住宅政策班)
    電話 042-769-9817
    ファクス 042-757-6859

受付は月曜日から金曜日(祝日等・年末年始を除く)
午前8時30分から12時まで
午後1時から午後5時まで

 

空き家の所有者以外の人が相談できる窓口

 

老朽化され放置されているなど近隣の空き家についての相談は下記の各地域振興課で受け付けてくれます。

  • 緑区役所地域振興課
    電話 042-775-8801
    ファクス 042-700-7002

受付は月曜日から金曜日(祝日等・年末年始を除く)
午前8時30分から12時まで
午後1時から午後5時まで

  • 中央区役所地域振興課
    電話 042-769-9801
    ファクス 042-757-2941

受付は月曜日から金曜日(祝日等・年末年始を除く)
午前8時30分から12時まで
午後1時から午後5時まで

  • 南区役所地域振興課
    電話 042-749-2135
    ファクス 042-749-2116

受付は月曜日から金曜日(祝日等・年末年始を除く)
午前8時30分から12時まで
午後1時から午後5時まで

相模原市の「空き家バンク」って?

相模原市では「空き家バンク」のシステムを設けています。これは「空き家を売りたい方」「空き家を貸したい方」と、全国の「空き家を利用したい方」をつなぐマッチングサービスです。空き家を活用できる機会が広がるのでぜひご利用ください。

まとめ

放置しておくと固定資産税がかかるだけでなく、近隣の環境にも悪影響を与える可能性がある空き家。でもうまく活用すれば収入源になると同時に、借りたい人や買いたい人のためにもなりますね。
インターネットの査定サービスや相模原市の制度を利用して、自分と環境にとってベストな活用方法を探してみてはいかがでしょうか。

 

参考サイト

相続遺言サポートオフィス

イエウール

相模原市ホームページ

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00