その他

遺品整理のやり方を徹底解説!専門業者にまかせするのがベスト?

身内に不幸があったときには、葬儀以外にも行うべきことがあります。遺品整理もその1つ。故人の持ち物を分類整理し、故人が暮らしていた部屋をきれいにすることです。ひと昔前まで遺品整理は遺族が行うものとの認識が一般的でした。最近では専門業者に依頼するケースも増えています。ここでは遺品整理の具体的なやり方や、専門業者に委託する際の注意点などを解説します。

遺品整理のタイミングと2つのやり方

遺品整理の最適なタイミングは諸条件によって変わります。また誰が中心になって行うのがよいか、遺族が抱える諸事情によっても違いが生まれます。ここでは遺品整理のタイミングとおおまかな分類による2つのやり方を紹介します。

遺品整理のタイミング

 

持ち家のケース

 

仏教では人が亡くなってから四十九日を重要な期間としています。故人が極楽浄土に行けるかどうか審判が下る日とされ、それまでは故人の魂がさまよっていると考えられています。遺品整理は故人が極楽浄土へ旅立ってから始めるべき、との考えから四十九日を過ぎてから行うのがよいとの認識が一般的。しかし厳密にルールが定められているわけではありません。特に持ち家の場合は部屋を所有者に返却するなどの手続きも不要なので、遺族の都合に合わせて行うとよいでしょう。

賃貸のケース

 

故人が住んでいた家が賃貸の場合は、できるだけ早めに所有者に返却することが望ましいでしょう。遺品整理が遅れるとその分支払う家賃も多くなってしまいます。不動産業者に最短での貸借契約の解約を依頼し、明け渡し期日までに遺品整理を終えるようにスケジュールを立てることが推奨されます。

同居している家族がいるケース

 

家族と同居していた人が亡くなった場合の遺品整理は、あまり急ぐ必要がないでしょう。残された家族の日々の生活に支障がないよう、慌てず少しずつ進めても問題はありません。年老いた親が亡くなったケースでは、残された片方の親の介護が継続されることもあります。そんなときは伴侶を失った親の気持ちを汲み、あえて部屋を現状のまま維持することもあります。

自分で行う場合と業者委託のメリットを比較

 

自分で遺品整理することのメリット・デメリット

 

遺品整理の専門業者は年を追うごとに増えていますが、やはり遺族が行うのが一般的です。故人をよく知る人たちで整理を行えば、思い出を振り返りながら故人が愛用した品物を分類できます。故人への想いを共有することで、遺族同士の絆を深められるかもしれません。また交通費や食事代などを除き、基本的に費用がかからないことも大きなメリットといえるでしょう。

一方で、故人への思い入れの強さがデメリットになることもあります。故人が愛し大切にした品を捨てられず、遺品整理がなかなか進まないといったケースです。故人が亡くなり数年が経過しても部屋は手つかずで生前と同じまま、という事例も実際に見られます。また遺族が遠方に住んでいたり仕事で忙しかったりする場合などは、その人に大きな負担を強いることになるでしょう。

専門業者に委託することのメリット・デメリット

 

遺品整理専門業者に委託することの最大のメリットは、作業効率のよさです。専門業者は故人への思い入れを持たないため、遺品の価値そのものの的確な判定が可能。金銭的な価値を見抜き、売るべきものと捨てるべきものを的確に分類してくれます。写真や日記など金銭的価値で測れない品は遺族に引き渡してくれるので、安心してまかせられるでしょう。また故人が孤独死を遂げた場合などは、部屋に悪臭がしみついていたり、汚れが見られたりすることもあります。遺品整理専門業者はそんなケースでも部屋の現状回復に対応してくれるので、相談してみるとよいでしょう。

しかし、故人への思い入れが強い人の場合、遺品の仕分けを第三者に委託することに抵抗を感じるかもしれません。遺品整理を業者に任せること自体に、ある種の罪悪感を持つケースも。その業者が本当に故人への敬意を持って仕分けをしてくれるかどうか、ホームページで実績を調べたり、見積もりの段階で人柄を確認したりするとよいでしょう。

遺品整理の前にやるべきこと

故人を想いながらの遺品整理にはつらさがともないます。しかしさまざまな事情によって、手早く遺品整理を済ませなければならないこともあるでしょう。遺品整理を効率的に行うために事前にやるべきことについて解説します。

遺族が整理する場合

遺族で遺品整理をする際にまず確認すべきは故人の意思です。そのために遺言書の有無を確認しましょう。遺言書がある場合は、遺品に関する故人の要望などの記載があるかどうかをチェックします。遺言書は法律上の効力を持つので、個人の要望を優先する必要があります。また複数の遺族が遺品整理をする場合は、誰がどの部屋を担当するかをあらかじめ決めておくとよいでしょう。効率的に遺品整理を進めるためにはある程度の分業が必要になります。

専門業者に依頼する場合

遺品整理の専門業者に依頼する場合は、事前に「思い出の品」を分別しておくのがよいでしょう。業者は故人への思い入れがないために作業を効率よく進められる反面、遺族にとって大切な思い出の品がどれか判別できないという側面を持ち合わせています。遺族にしかわからない大切なものは事前に確保しておきましょう。

遺品整理のやり方

ここからは遺品整理の具体的なやり方を説明します。遺品整理で特に重要なのは故人の所有物の分類です。効率よく進めながらも遺族の誰もが納得できる方法とはどんなものでしょうか。

スケジュールを決める

遺族が自分で遺品整理をするか業者に委託するかにかかわらず、スケジュールを立てることが大切です。複数の遺族で行う際には皆が同じ日時に会することが望ましいので、事前に取り決めが必要になります。業者に委託する場合も親族にとって都合のよい日時を選ぶようにしましょう。

必要なものを用意する

遺品の分別や部屋の清掃のために用意すべきものは次の通りです。

  • 軍手
  • マスク

部屋の掃除の際に思わぬケガをしないように、またハウスダストを吸引することがないように、ぜひ用意しておきましょう。

  • 自治体指定のごみ袋

遺品整理では多くの不要物を処分する必要が生じます。可燃物と不燃物それぞれのごみ袋は必須アイテム。また事前にごみ出しの日やそれまでのごみの保管場所なども把握しておきましょう。

  • 段ボール
  • ガムテープ
  • 筆記用具

故人の所有物を収納する段ボールを多めに用意しておくのがおすすめです。何をどこに入れたのか一目でわかるように品名を書いておくようにしたいですね。そのための筆記具も用意しておきましょう。

遺品の仕分け

 

貴重品類

 

遺品の中でも金銭的価値の高いものを貴重品として分類します。宝石や金・銀・プラチナなどの貴金属、高級時計、通帳や印鑑、証券や土地の権利書なども大切に保管するようにしましょう。骨董品や美術品、切手やコインなどには高値がつくケースもあるので、いったん貴重品に分類し遺品整理が終了した後で、専門家に鑑定を依頼するのがおすすめです。

思い出の品

 

故人の生前の姿がうかがえる写真やビデオテープなどは、遺族にとって何ものにも代えがたい貴重な思い出の品です。それ以外にも故人が愛用した衣類や小道具など、遺族にしかわからない思い出をよみがえらせてくれるアイテムも少なくないはず。金銭的な価値を持つ品物とは別に、大切に保存しておきたいですね。特に専門業者に委託する場合は、価値のないものに分類されることがないよう作業が始まる前に確保するようにしましょう。

リサイクル品

 

衣類や家電品、家具類などリサイクルショップで引き取ってもらえるものもあるはず。これらはリサイクル品としてまとめておくようにしましょう。前述の貴重品の場合も、思い出の品として所有したいという遺族がいなければリサイクルに出すのも1つの方法です。

破棄するもの

 

金銭的価値がなく引き取り手のない品は廃棄物として処分することになります。可燃ごみ・不燃ごみ以外にも、粗大ごみとして破棄しなければならないものがたくさん出るケースも。あらかじめごみ出しの日や粗大ごみの処分方法を確認しておけば、それだけ遺品整理が円滑に進められるでしょう。

遺品整理の注意点

遺品整理を行う中で親族同士や大家とのトラブルに発展するケースもあります。予備知識がないまま進めてしまうと、後で後悔することになりかねません。ここでは遺品整理での注意点を紹介します。

遺品整理専門業者とのトラブル

遺品整理業者との料金に関するトラブルは少なくありません。見積りの際に追加料金がかかることを説明されず、遺品整理が終わった後で高額を請求されたというケースが多く見られます。業者を選定する際は実績や実際に利用した人による口コミ情報などから、優良業者かどうかを確認するようにしましょう。また見積もりの際には、追加料金や別料金など料金体系をしっかり確認することが大切です。

親族とのトラブル

特に故人が資産家の場合は、相続に関する親族間のトラブルが起こりがちです。遺言書がある場合は事前にそれぞれの遺産配分の確認が必須。遺品整理の際に思わぬ高額がつく遺品が出る可能性もあります。遺品整理を行う前に、やはり配分の仕方について十分に話し合っておくことが大切です。

デジタル遺品のトラブル

故人が所有していたパソコンやスマートフォンの中に残っているデータはデジタル遺品と呼ばれます。これらの機器は遺族が受け取ることになりますが、処分の仕方に問題があると思わぬトラブルに発展することも。遺族に関する個人情報が流出してしまった事例もあります。ネット証券やビットコインの情報がそのまま捨てられ、知らぬ間に大きな遺産を受け取り損ねるといったケースも。デジタル遺産については、本人が生前の元気なうちに取り扱いについて話し合うのが一番です。

遺品整理は諸事情に合わせてベストなやり方で

遺品整理を円滑に進めるために必要な事項をご理解いただけたのではないでしょうか。いざというときに慌てずに済むようにしたいものです。遺品の量や規模、遺族の諸事情に合わせて日ごろからベストな方法を考えておくといいかもしれませんね。

 

参考記事一覧

株式会社やまと石材
相続の基礎知識

遺品整理専門家による遺品整理ブログ
遺品整理のために準備するもの

みんなの遺品整理
遺品整理で貴重品を捜索するポイント

独立行政法人 国民生活センター
こんなはずじゃなかった!遺品整理サービスでの契約トラブル-料金や作業内容に関するトラブルが発生しています-

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00