お知らせ

解体工事の手続きは慎重に!契約書を作成してトラブルを回避しよう

解体工事を依頼する際、どのような流れで手続きから工事までが行われるかご存知ですか?解体工事を依頼する機会はそれほど多くないため、解体工事の手続きについて熟知している人はそう多くはないでしょう。

今回は、解体工事に必要な手続きや契約について詳しく紹介していきます。業者への依頼方法や手続きの流れがわからずに不安を感じている方は、本記事で疑問と不安を解消し、万全の状態で解体工事を依頼しましょう。

解体工事に必要な手続き、契約は?

 

解体工事を行うには、まず業者に作業を依頼する必要があります。

見積もりを取って業者を比較検討し、依頼する業者が決まったら契約を結んで工事開始、というのが一連の流れです。この流れの中で特に重要なポイントが契約書の作成だといえるでしょう。

契約書をしっかり作成しているかどうかで、工事の満足度や安心感が大幅に変わります。契約書の作成に際して押さえるべきポイントをきちんと確認しておくことで、工事で起こるトラブルを未然に回避しやすくなるのです。

ここからは、契約書が必要な理由や作成する上でチェックしておくべきポイントなど、契約書に焦点を当てて詳しく解説していきます。

契約書は必ず作成するもの

解体工事を業者に依頼する際には、必ず契約書を作成します。この契約書の内容で工事に関する取り決めのほとんどが決まるので、以下で解説する契約書に関する情報をしっかり把握したうえで契約書の作成に臨みましょう。

契約書手続きが必要な理由とは?

解体工事を行う業者は建設業法によって、依頼主との間で契約書を交わすことが義務付けられています。つまり、契約書を作成しないまま解体工事を行うことは違法であり、時に建設業許可の取り消しなどの重いペナルティを課されることもあります。

また、契約書の作成は依頼主を守るという観点でも大切なことです。解体工事は業者と依頼主の認識の違いが起こりやすく、紛争リスクの高い工事でもあります。契約書を事前に交わすことで業者の不当な請求や言い分にも対抗でき、泣き寝入りするしかない状況を回避することができるでしょう

契約書作成の手続きの流れ

解体工事の契約書を作成するには、まず業者に見積もりやスケジュールを作成してもらう必要があります。ある程度工事の内容やスケジュールが決定したところで契約書を作成し、工事が始まるという流れです。

解体工事の契約書にはひな形がないのが特徴で、業者ごとに異なる契約書を使って契約を行うことになります。多くの場合、必要な項目は網羅されているのですが、中には書かれているべき項目が抜け落ちているような契約書が存在することも事実です。そのため、依頼主側でも事前にチェックすべき項目を知っておくことが大切です。

契約書でチェックしておくべき項目は?

契約書を作成するときにチェックしておきたい項目は工事の内容によっても異なりますが、ここではどの工事にも共通する特に重要な項目をご紹介します。

工事内容

工事内容には、どれくらいの範囲をどのように解体するか、といった細かい作業内容を記載します。特に、建物の一部だけ解体を依頼するような場合は、解体範囲や作業内容の詳細な情報まで工事内容に明確に記しておくことがトラブルの防止につながります

契約書を交わしておくことで、依頼した工事内容と異なる状態で引き渡しされた場合でも責任の所在をはっきりさせることができます。

工事の期日

工事の期日を明記しておくことも大切なポイントです。また、工期が遅れることで何かしらの損害が発生した場合に、どのような賠償を請求できるかについても合わせて記載しておくと良いでしょう。

工事の代金

工事の代金を明らかにしておくことで、後から不当に代金を請求されてしまうといったトラブルを防ぐことができます。また、工事代金だけでなく、支払方法や払込期日についての情報が記入されていることも確認しておきましょう。

損害賠償などの補償の取り決め

補償の取り決めを行っておくことで、損害が発生した際の責任の所在を明確にできます。工事中に隣家の建物を破損してしまった、といったトラブルが発生した場合は、基本的には業者が補償費用を負担します。契約書に取り決めが明記されていれば、依頼主が責任を負わないことがなおのこと明確になるのでさらなる安心につながるでしょう。

また、引き渡しの状態に問題があった場合どのような責任を負うか、といった「瑕疵(かし)担保責任」に関する項目があるかどうかもチェックしておきたいポイントです。

悪徳業者を疑うべき契約書はどんなもの?

解体工事を依頼する際に注意すべき業者とはどのような業者なのでしょうか。ここでは、解体業者が悪徳業者か否かを確認する際に注目すべき点を解説していきます。

契約書発行の手続きをしない・したがらない

先述したように、解体工事を請け負う業者は契約書を作成しなくてはいけないということが法律で定められています。当然、多くの業者は契約書を発行して工事を請け負いますが、中には契約書を発行をしない業者も存在します。

契約書を発行せずに工事内容があいまいなまま解体工事を行ってしまうと、不当な代金の請求や工事内容の変更が起こる可能性があるため注意が必要です。

トラブルを防ぐためにも、契約書を作成しない業者に工事を依頼するのは避けた方がよいでしょう。

契約書の内容があいまい

悪徳業者の中には、契約書の内容をわざとあいまいにする業者も存在するので注意が必要です。解体工事では工事状況によって追加費用が発生するケースもありますが、最初から項目や金額をあいまいにするような業者は信頼しない方が良いでしょう。追加費用が発生する場合にも金額や内訳をしっかり確認し、あいまいなままにしておかないことが大切です。

契約書で正当な手続きをしてから解体工事を進めましょう

解体工事を依頼する場合は、必ず契約書を利用して正当な手続きを行いましょう。契約書を交わすことで、業者からの不当な請求や工事内容に関するトラブルが発生する可能性を限りなく下げることができます

また、作成が義務付けられている契約書を用意しない・したがらない業者への依頼は法的なトラブルに発展しかねないため、避けた方が無難でしょう。

解体工事を依頼するにあたって無用なトラブルを避けるためにも、契約書のチェックを入念に行ってから工事を進めるようにしましょう。

 

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00