お知らせ

空き家の片付けは業者に依頼するべき?片付けの際に注意すべき点もご紹介

空き家に残された荷物の処理にお悩みではありませんか?多くの荷物が取り残され、自力では片付けられないがゆえに長い間放置してしまっているという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、空き家の荷物をそのまま放置することには様々なリスクが付きまとうのをご存知でしょうか。

今回は、空き家を放置するリスクや片付ける際の方法、注意点などを解説します。記事後半ではどんな業者が片付けを行ってくれるのかも解説しますので、空き家の片付けを依頼するか悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください。

空き家の片付けをするべき理由と注意点

 

空き家を放置することによるリスクを回避するためにも、片付けはなるべく早いうちに済ませるのがおすすめです。ここでは、空き家の片付けをするべき理由とその注意点について詳細に解説していきます。

空き家を放置することによる危険を避ける

空き家を片付けずにそのままにしておくと、何者かに侵入されて不当に利用される可能性があります。土地や家屋を売りたい場合、空き家なのに人の気配がするといった理由から物件の評価が下がってしまうこともあるでしょう。

また、紙類をはじめとした可燃物が放置されていれば放火による火災のリスクも伴います。これらに代表される危険を避けるためにも、空き家の片付けは早めに行っておくべきです。

空き家の解体にかかる費用を抑える

空き家の解体をする際には、空き家に物が残っていると解体費用が高くなる可能性があります。土地を売却したいなどの理由で土地を更地にする場合には、事前に片付けを行っておいた方がよいでしょう。

ただし、片付けを業者に依頼する場合も処理する物の量が多いほど費用がかかるので、自力で処分できるものは事前に処分しておくようにしましょう。

家を売るための事前準備

空き家を売る場合、家の中に残っている家具や荷物を片付けておくと印象が良くなります。家を売る際には荷物を片付けて、物のない状態にしておくことが理想的です。

片付けの手間や費用はかかるものの、きれいな状態を保っていたほうが買い手も集まりやすく、より高額での売却もしやすくなります。

空き家を自分で片付けることは可能?

 

家具の撤去や不用品の処分を自分で行えば、業者に依頼する際にかかる費用を抑えることができます。それでは、空き家の片付けを業者に頼らず自分だけで行うことはできるのでしょうか。

空き家の片付けは業者に依頼した方が無難

結論から言うと、空き家の片付けは業者に依頼するのが無難です。片付けを自分で行えば費用を抑えることはできるものの、作業に際して多大な労力が必要なだけでなく様々な危険があるのも事実です。例えば、重い荷物を運搬するときに身体を痛める可能性、長期間放置されていた荷物に付着したカビや細菌が健康を害する可能性などが挙げられます。

空き家の片付けを自分で行う際はできるところまでにとどめておき、重い荷物の運搬や本格的な清掃作業はプロの業者に任せるのがよいでしょう。

自分で片付ける場合はしっかり計画をたててから

業者に依頼する前に自分でできる範囲での片付けをしたい場合は、スケジュールを立てて計画的に行いましょう。無計画で作業に入ると作業途中で日が暮れてしまったり、ゴミの処理方法に困ったり、といった事態が発生しかねません。

複数人で作業を行う際は、事前に役割分担を決めておくなどの工夫も必要です。

空き家の片付けは業者に依頼しよう

 

前述したとおり、空き家の片付けは業者に依頼した方が無難だといえます。ここでは、片付けを業者に依頼する場合にどんな業者に依頼をすればよいか解説していきます。

空き家の片付けを請け負っている業者

空き家の片付けを依頼できる主な業者は、解体業者、不用品回収業者、遺品整理業者です。各業者にはそれぞれ特徴があるため、自身の目的に合った業者を選択しましょう。

解体業者は建物を解体するときに、合わせて家具や荷物などを処分してくれます。不用品回収業者に依頼すれば、ゴミを分別することなくまとめて処分可能です。遺品整理業者は故人の荷物を丁寧に分別したうえで処分してくれるため、思い出の品など捨てたくないものを手元にとどめておくことができるでしょう。

各業者の作業方法などをしっかりと確認した上で、自分に合った業者を判断しましょう。

料金目安

業者に依頼する際にかかる費用は荷物の量などによって異なりますが、目安としてワンルームで10万円以内、それ以上の広さだと10万円以上かかることが多いです。一軒家の場合は20万円以上かかることもあります。

家の広さ 処分費用
ワンルーム 10万円以下
1LDK以上 10万円から
一軒家 20万円以上

業者によって料金は異なるため、複数の業者から見積もりを取得したうえで比較検討することが重要です。この際、不当に安い金額を提示してくる業者は悪徳業者の可能性もあるので注意しましょう。

業者に依頼して空き家の片付けを安全に行おう

空き家の片付けは自分で行うよりも、業者に依頼した方が安全かつ効率的です。

多くの場合、片付けるべき荷物は大量にあるでしょうから、自分で片付けを行うことは身体的にも精神的にも大変な負担になります。自力での片付けは無理のない範囲にとどめ、負担のかかる作業は多少費用がかかっても業者に依頼した方が良いでしょう。

自力で片付けを行う際には、計画的に行うことを忘れずに。空き家の片付けを考えている際には自分の健康や安全を第一に考えて、どのように片付けを行うか検討しましょう。

 

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00