お知らせ

空き家の取り壊しには補助金が出ることも!解体工事の補助金制度について紹介します

空き家の解体には少なくない費用がかかりますが、自治体から補助金を支給してもらえる場合があることをご存じですか?

自治体ごとに異なる補助金をうまく利用すれば、通常よりも安い費用で空き家の解体をすることができます。

今回は補助金の概要やその金額、支給される条件などについて紹介していきます。

解体工事に出る補助金とは?

まず、補助金が出る理由や受け取るための条件といった補助金の概要を解説します。

補助金が出る理由は?

解体工事に補助金が出る理由は、空き家などが解体されずに残ることで発生する問題を未然に防ぐためです。空き家が放置されると犯罪の現場となったり、不法投棄や放火が発生したりする原因となります。

加えて、街の景観が悪くなってしまうといった問題点もあるため、自治体にとっても空き家の解体工事は促進したいといえます。これらの理由から、解体工事に補助金が出るわけです。

補助金はいつ受け取れる?

解体工事の補助金は解体工事が終わった後に受け取るもので、工事の前に受け取ることはできません。補助金を含めて資金計画を立てたがゆえに事前の支払いができない、ということにならないよう注意しましょう。後から補助金が入るとしても、工事を完了する前の段階までの費用は全額自費で支払う必要があります。

補助金と助成金の違い

補助金と似たような制度として、助成金というものが存在します。補助金も助成金も工事の代金を一部自治体が負担してくれる制度で明確な区別はされていないのですが、細かい相違点は存在します。

補助金は予算や採択件数が限られていることが多く、場合によっては受けることができないケースが発生することもあります。対して、助成金は条件を満たした場合にはほとんどの場合受けることができます。

とはいえ、自治体ごとの各制度によって異なる要素も多いため、補助金・助成金に関わらず、内容や要件はしっかり確認をとるようにしましょう。

補助金の対象になる主な解体工事

ここでは、補助金の対象となりやすい工事を中心に紹介していきます。補助金の対象となる工事は自治体によっても異なるので、自治体の公式情報をしっかり確認しましょう。

空き家の解体

多くの自治体で補助金の対象となっているのが空き家の解体です。空き家がどの程度の状態だと補助金の対象となるかは、自治体によって異なります。

一般的な基準として、老朽化して倒壊の危険がある空き家は補助金の対象となることが多いです。その他にも耐震基準を満たしていないなど、倒壊の危険が高い空き家は総じて補助金の対象になりやすいといえるでしょう。

ブロック塀の解体

ブロック塀の老朽化も危険度が高いため、解体工事に補助金が出やすいです。倒壊の危険が高いとみなされるブロック塀は補助金を受給できる条件を満たす可能性が高いでしょう。

アスベスト除去

アスベストの除去に関しても多くの自治体から補助金が出ます。アスベストは吸い込んでしまうと健康被害につながる物質です。現在は建築に際してのアスベスト使用は禁止されていますが、規制される前の建造物には混入していることがあります。

建造物にアスベストが使用されているか調査する段階で補助金が出る場合もあるので、解体に際しては自治体に確認をとるようにしましょう。

補助金が支給される条件

補助金を受け取るには、建造物の状態以外にも一定の条件を満たしている必要があります。これらの条件もまた、自治体によって異なります。ここでは多くの自治体で採用されている支給条件を紹介していきます。

税金を滞納していない・所得制限

補助金の財源は税金なので、税金を滞納している人には補助金を支給しない自治体が一般的です。また所得による制限がある場合も多く、一定以上の所得がある人は補助金を受け取れないこともあります。補助金はあくまでも金銭的余裕がない方に向けた制度ということです。

築年数

築年数によって補助金対象を決めている自治体もあります。多くの場合、耐震基準の法改正が行われた昭和56年以前の建物は補助金の対象になっています。耐震基準を満たさない建物は倒壊の危険が高い、という理由が背景にあります。

その他の条件

ここまで紹介した条件のほか、その自治体の解体業者に工事を依頼する、空き家バンクに登録している、申請者が暴力団に関係していない、などの条件が設定されていることもあります。

補助金・助成金の例

自治体から支給される補助金には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは自治体が行っている補助金制度をいくつか紹介していきます。

【埼玉県行田市】空き家解体補助制度

埼玉県行田市では、市内にある倒壊の危険がある空き家の解体に補助金が支給されます。支給の条件は危険度、市からの勧告など複数指定されています。補助金は上限50万円で、解体工事費の半額が支給されます。

【群馬県高崎市】空き家解体助成金

群馬県高崎市では、空き家の解体に助成金が支給されます。周囲に危険を及ぼす可能性のある空き家に対して支給されます。上限は100万円までで、補助金対象金額の5分の4の補助金が支給されます。

相模原市危険ブロック塀等撤去奨励補助制度

相模原市危険ブロック塀等撤去奨励補助制度は、ブロック塀の解体工事に助成金が支給される制度です。倒壊の危険性が高いブロック塀の解体に対して支給されます。補助金額の上限は原則10万円で、支給される金額は解体に際して必要になる経費の半分です。

空き家を解体するときは自治体の補助金制度をチェックしよう

空き家解体の補助金制度を使うことで、解体工事費用を安く抑えられる可能性があります。

老朽化した空き家の放置は、自治体にとっても望ましいものではありません。そのため、多くの自治体で解体工事に補助金が支給されます。

補助金の条件や金額は自治体によっても異なります。居住する自治体に補助金制度がないか、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00