その他

相模原市では産業廃棄物をどう扱えばいいの?分類から処理方法までを徹底解説!

廃棄物が生じる事業を行う会社にとって避けて通れないのがごみの問題です。産業廃棄物はどう処理すればいいの?そもそもこれって産業廃棄物?それとも一般廃棄物?そんな疑問に頭を悩ませている方も多いことでしょう。決められた日時と場所に出せばよい家庭ごみと違って、事業で発生した廃棄物の処分にはさまざまなルールがあり注意が必要です。ここでは相模原市での廃棄物の正しい取り扱い方について解説していきます。

廃棄物とは

廃棄物を大きく2つに分類すると産業廃棄物と一般廃棄物になります。産業廃棄物は主に事業活動から生じるごみで、廃棄物処理法という法律により20種類が規定されています。それ以外の廃棄物が一般廃棄物で、家庭から出るごみもこれに含まれます。

 産業廃棄物の分類

産業廃棄物

 

主な産業廃棄物として、物を焼却した後の「燃えかす」、使用済みのエンジンオイルなどの「廃油」、金属加工の過程で生じる「金属くず」などが挙げられます。注意すべき点は産業廃棄物を規定している法律に「量」についての記述が見られないこと。排出量がごくわずかであっても産業廃棄物とみなされるので、ルールに従って処理することが求められます。

特別管理産業廃棄物

 

産業廃棄物の中でも特に取り扱いに注意が必要なものは「特別管理産業廃棄物」に分類されます。爆発の危険や毒性があり、処分方法を誤ると人の健康や環境に被害を及ぼす可能性も。

量の多少にかかわらず、正しく廃棄処分を行わなければなりません。代表的なものとして、電気機器の絶縁油などに使用されるPCB、水銀、アスベストを含有している廃石綿等などが挙げられます。

一般廃棄物の分類

事業系一般廃棄物

 

一般廃棄物から家庭ごみを除いたもの、つまり事業所や工場などから排出されるものは「事業系一般廃棄物」と呼ばれます。市区町村などの自治体が定めたルールに添って処分することが求められます。処理方法は大きく分けて2つあり、自治体の認可を受けた廃棄物処理業者に委託する方法と、自分でごみ処理場に持ち込む方法です。

特別管理一般廃棄物

 

一般廃棄物の中でも爆発の危険や毒性、感染の恐れなどがあるものは「特別管理一般廃棄物」と呼ばれます。不適切に取り扱うと人の健康や投棄した土地の環境に被害を与える可能性があるため、定められたルールに従って処分しなければなりません。代表的なものには、工業製品の内部などに使用されながらも毒性を持つ物質のPCB、ダイオキシンを含む燃えがら、医療機関から排出される使用済み注射針などが挙げられます。

廃棄物の処理方法

集積場所に出すのはNG

家庭ごみの回収のための集積場所に、それ以外の廃棄物を出すことは全国のほとんどの自治体で禁じられています。相模原市も同様で一般廃棄物か産業廃棄物かに関わらず、定められたルールに従って処分してください。もし家庭ごみの収集所にそれ以外のごみを出しても、収集車によって回収されません。地域の美観を損なうだけでなく、場合によっては地域住民の健康などに影響を及ぼすことも。ルールを守って適切に処理してください。

自分で持ち込みする

相模原市には津久井クリーンセンターをはじめ、自分で廃棄物を持ち込める施設が複数あります。資源ごみを受け入れている橋本台リサイクルスクエア、麻溝台リサイクルスクエア、粗大ごみを引き受けてくれる北清掃工場、南清掃工場などです。いずれも手数料が必要で、受け入れ可能な日時等が定められています。相模原市のホームページで詳細を確認の上利用しましょう。

業者に委託する

廃棄物の回収専門業者に委託するのも1つの方法です。相模原市にも回収業者がたくさんいるので、状況に応じて利用するとよいでしょう。ただし受け入れ可能な廃棄物の種類は、業者によってさまざまです。ホームページや電話などで、処理したいごみを受け入れてもらえるかどうか、必ず事前に確認してください。相模原市のホームページでも廃棄物処理業者を紹介しています。

相模原市が定める産業廃棄物の処理方法

産業廃棄物の処理方法

相模原市の産業廃棄物処分業者

 

産業廃棄物の処分自体を相模原市が行っているわけではありません。しかし相模原市には産業廃棄物に対応できる業者がたくさんいて、市に依頼すれば紹介してもらえます。下記の協会が業者紹介の窓口になっているので、利用するとよいでしょう。相模原市にお住まいの方は、以下の電話番号に連絡してください。

(公社)神奈川県産業資源循環協会  045-681-2989

 

事業系一般廃棄物の処理方法

相模原市の処理施設へ持ち込み

 

相模原市には自分で廃棄物を持ち込める施設が複数あります。好きな時間に自家用車で持ち込むことができるので、業者とのやり取りがわずらわしい人にとって手間がかかりません。また運送費がかからない分、業者に委託するのに比べて費用が安くすむことがメリットです。

相模原市内の運搬業許可業者に委託

 

相模原市には電話一本で廃棄物を引き取りに来てくれる回収業者がたくさんいます。自分で持ち込めない粗大ごみや毒性などの危険をともなう廃棄物の処理にはとても便利また自分でごみ処理場まで搬送する時間のない人にとってメリットが大きいといえるでしょう。ただし業者によって取り扱い可能な廃棄物が限られる場合があるので、必ず事前に確認してください。

 

搬入手順

相模原市の処理場に自分で廃棄物を搬入するときの手順は次の通りです。

1.申請

廃棄物を搬入する際は「廃棄物搬入申請書」に必要事項を記入し各施設に申請します。申請書は相模原市ホームページからダウンロードできます。一般廃棄物搬入の申請書は搬入施設によりフォームが異なりますので、搬入する施設のものを使用しましょう。

一般廃棄物搬入申請書(随時)はこちら

2.計量

ごみを積載した車の重量を、車用計量器で計測します。投入時の事故防止の目的から四輪車での搬入が基本。徒歩や二輪車での搬入は控えてください。やむをえない事情がある場合は施設に相談してみましょう。

3.搬入

車でごみ投入ステージへ上がり、ごみを投入します。

4.ごみ投入後の計量

計量器でごみ投入後の車の重量を計測することで、ごみの重さを測ります。

5.精算

施設の窓口で手数料を清算しましょう。

 

産業廃棄物搬入・保管時の注意点

産業廃棄物を運搬する際の注意点

産業廃棄物を運搬する時には飛散や流出を防止することが大切です。これを怠ると悪臭をまき散らしたり景観を汚したりするだけでなく、近隣住民の健康を損ねる可能性もあります。必ず密閉容器に納めた状態で運搬するようにしましょう。

業者に処理を委託する際の注意点

委託を受けて産業廃棄物を運搬する業者は、各都道府県知事から産業廃棄物収集運搬業の許可を受けていなければなりません。これを持たずに運搬業務を行うと処罰の対象になるので、それに加担することのないよう事前に確認してください。また業者によって処理できる廃棄物が限られているケースも多く見られます。処理してほしいごみが受け入れ可能かどうか、電話などで確認するようにしましょう。

産業廃棄物を保管する際の注意点

法律により産業廃棄物の保管場所には「囲いの設置」と「掲示板の表示」が義務付けられています。掲示板には次の4点の記載が必須です。

  • 産業廃棄物を保管していること
  • 保管している産業廃棄物の種類
  • 管理者の氏名または名称と連絡先
  • 最も地上から高い保管物の高さ(容器に収納せず山積みで保管している場合)

相模原市の産業廃棄物取り扱い方法のまとめ

一般廃棄物にも産業廃棄物にも処分方法には厳格なルールがあります。その理由も含めてご理解いただけたのではないでしょうか。相模原市では回収業者や廃棄物処理施設の紹介など、さまざまなサービスを行っています。廃棄物の適切な処理のために有効に活用したいですね。

参考記事一覧

相模原市
事業系一般廃棄物の処理方法
一般ごみ、粗大ごみ、資源等の直接持込について
許可業者一覧名簿
市処理施設への自己搬入

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00