お知らせ

古い家屋を新築に建て替える際に必要な工程は?各工程と費用をご紹介

家屋が老朽化してしまった場合には、新しく家を建て直したいと思う方も多いでしょう。でも、新築に建て替えるために必要な資金や工程がわからないのは不安ですよね。本記事では、新築に必要な費用や各工程について紹介していきます。

古い家屋を新築に建て替えるまでの工程

築年数が経過した家屋を新築に建て替えるまでには、複数の工程があります。

本記事では以下の工程に分けて紹介します。

建て替えの計画をたてる
住宅メーカーを決める
住宅ローンを組む・仮住まいを探す
解体工事・地盤改良
新築工事
引き渡し

建て替えの計画をたてる

古い家屋を改築する際には、まずは建て替えの計画が必要です。予算や間取りなどを考慮して、どのような家にするかを決めていきます。

住宅メーカーを決める

計画がまとまってきたら、家の設計や建築を手がける住宅メーカーを決定しましょう。

新築工事を依頼するときは、自身の希望に合った住宅メーカーを選ぶことが大切です。住宅メーカーを選ぶ際には複数のメーカーに見積もりを依頼して、比較検討したうえで決定しましょう。

依頼する住宅メーカーを決めたら、担当者と相談しながら建築プランを立てていきます。その際、立てておいた計画や自分の要望をしっかりと担当者に伝えることが大切です。

住宅ローンを組む・仮住まいを探す

住宅メーカーが決定したら、住宅ローンに関する相談および調整も行います。また、工事中は生活する場所がなくなるため、住宅ローンの手続きと同時に仮住まいを探す必要があります。

仮住まいへ引っ越しをする際は、ガスや水道、電気の停止手続きなども必要です。

ハウスメーカーと契約を締結する

住宅メーカーから提示された本見積書や契約書などを入念に確認の上、工事の請負契約を締結します。

解体工事・地盤改良

古い家屋が建っている場所に新築住宅を建てるには、古い建物を解体して撤去する必要があります。また、地盤調査の結果、地盤が新築住宅を建てるのに不向きだと判断された場合は、工事に入る前に地盤を強化しなくてはいけません。

新築工事

解体工事や地盤改良が完了したら、新築工事の開始です。新築住宅を建てる前に地鎮祭や上棟祭を行いたい場合は、工事日程および出席する関係者のスケジュールを調整しなくてはいけません。行事を行いたい旨、住宅メーカーの担当者に早めに伝えておくと良いでしょう。

引き渡し

新しい家屋が完成したら、いよいよ引き渡しです。まず新築住宅が完成したら、住宅に欠陥や問題がないか確認する竣工検査が必要になります。そのほか、新築住宅の購入に伴う登記手続きを行い、この手続きが終了次第住宅ローンも開始されます。

建て替えに必要な費用はどれぐらい?

古い家を解体して新築に建て替えるには、概ねどれぐらいの費用が必要なのでしょうか。以下では必要な費用の内訳と金額のほか、坪数ごとのおおよその費用をご紹介します。

主な費用の内訳

建て替えに際しては解体費用・新築工事費を中心に、別途工事費、その他費用がかかります。

解体工事費

解体工事費とは、古い建物を解体する際に必要となる費用のことです。必要な金額は解体する建物や広さによって異なります。おおよその目安だと、木造の解体は1坪あたり4~5万円程度、鉄筋の場合は6~7万円程度です。

新築工事費

新築工事費とは新築の家屋を建築する際にかかる工事費用です。

新築の工事費用も建築する建物や広さによって違います。二世帯同居であればキッチンや風呂などの水回りも一世帯よりも余分に必要です。

一般的には30坪ほどの住宅を建て替えるのに3000万円ほど必要とされていますが、新築工事費は住宅によって千差万別です。業者に見積もりを依頼して、見積もり段階で必要な金額を確認しておきましょう。

別途工事費

別途工事費とは、家屋の建築工事費用に含まれない費用を指します。具体的にはエアコンや照明、インテリアなどです。太陽光発電やエクステリアなどもこの項目に入ります。

工事中の住居費用

工事中は仮住まいを用意する必要があります。工事の内容や状況によって仮住まいの期間は異なりますが、工事期間中の賃貸を確保する費用も必要になります。

測量費・地盤工事費

建物を建てるときには、地盤の調査が必要です。調査の結果地盤の工事が必要になれば、その費用もかかります。

税金・保険料

固定資産税のほか、新築を登記する際の印紙代などの費用も必要になります。また、火災保険などの保険費用もかかってきます。

坪数ごとの費用目安

建て替えにかかる一般的な費用の目安を以下の表にまとめました。なお新築の設備や外構によっても、必要な価格は異なります。

坪数 費用
30坪 約1,500万円~2,500万円
40坪 約2,500万円~3,000万円
50坪以上 約3,000万円~5,400万円

 

建て替えとリフォームの判断基準は?

古い家屋を新しくしたい場合、建て替えのほかにもリフォームという選択肢が存在します。ここでは、建て替えかリフォームか迷った場合にどのような基準で判断を行うべきかご紹介します。

リフォームという方法もある

家族の人数に対して家が狭すぎる、設備や構造が老朽化して夏冬の暑さ寒さが防げないなど、リフォームでは改善しきれない問題が発生している場合は建て替えがおすすめです。

一方、老朽箇所を部分的に修正したいなどの場合は、リフォームが良いでしょう。建て替えかリフォームかは、状況によっても変わるのでそれぞれ個別に判断することが大切です。

建て替えとリフォームの比較

メリット デメリット
建て替え
  • 間取りを大きく変更できる
  • 新しい設備を設置できる
  • 多くの費用が必要
  • 工事期間が長い
  • 廃材の処分に費用がかかる
リフォーム
  • 工事費用を抑えられる場合が多い
  • 建て替えよりも工事期間が短い
  • 環境が大きく変わらない
  • 間取りを変更するさいの制限がある
  • 地盤の改良ができない

 

新築の建て替え費用をしっかり把握しよう

古い家屋を新築に建て替えるには決して安くない費用が必要となり、数多くの工程を踏む必要があります。

ですが、新築にすることで得られるメリットも多く、築年数によっては建て替えせざるを得ないという場合もあるでしょう。

そんなとき、新築工事をスムーズに進めるためにも費用面の計画は大切です。実現可能な資金計画を慎重に立てて、建て替えに臨みましょう。

SNSでシェア:

お問い合わせ

受付時間 9:00~18:00